貫井徳郎のお買い得情報

            

恋のゴンドラ

価格:1,296円 新品の出品:1,296円 中古品の出品:468円
コレクター商品の出品:1円
カスタマーレビュー
真冬に集う男女8人の運命は? あの東野圭吾が“恋愛"という永遠のミステリーに真っ向から挑む。衝撃の結末から目を逸らすな!
祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)

価格:842円 新品の出品:842円 中古品の出品:26円
コレクター商品の出品:350円
カスタマーレビュー
悲劇なんかじゃない。これが私の人生。加賀恭一郎は、なぜ「新参者」になったのか---。明治座に幼馴染みの演出家を訪ねた女性が遺体で発見された。捜査を担当する松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、その遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることに加賀恭一郎は激しく動揺する。それは孤独死した彼の母に繋がっていた。シリーズ最大の謎が決着する。吉川英治文学賞受賞作。
乱反射 (朝日文庫)

価格:886円 新品の出品:886円 中古品の出品:88円
コレクター商品の出品:3,000円
カスタマーレビュー
幼い命を死に追いやった、裁けぬ殺人とは? 街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、飼犬の糞を放置する定年退職者……小市民たちのエゴイズムが交錯した果てに、悲劇は起こる。残された新聞記者の父親が辿り着いた真相は、法では裁けない「罪」の連鎖だった! モラルなき現代を暴き出す、日本推理作家協会賞受賞作、待望の文庫化!
乱反射

価格:802円 新品の出品:1,944円 中古品の出品:138円
コレクター商品の出品:365円
カスタマーレビュー
ひとりの幼児を死に追いやった、裁けぬ殺人。街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、事なかれ主義の市役所職員、尊大な定年退職者……複雑に絡み合ったエゴイズムの果てに、悲劇は起こった。残された父が辿り着いた真相は、罪さえ問えない人災の連鎖だった。遺族は、ただ慟哭するしかないのか? モラルなき現代日本を暴き出す、新時代の社会派エンターテインメント!
乱反射

価格:594円 新品の出品: 中古品の出品:860円
コレクター商品の出品:3,499円
カスタマーレビュー
幼い命を死に追いやった、裁けぬ殺人とは? 街路樹伐採の反対運動を起こす主婦、職務怠慢なアルバイト医、救急外来の常習者、飼犬の糞を放置する定年退職者……小市民たちのエゴイズムが交錯した果てに、悲劇は起こる。残された新聞記者の父親が辿り着いた真相は、法では裁けない「罪」の連鎖だった!
自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

価格:1,836円 新品の出品: 中古品の出品:4,800円
コレクター商品の出品:580円
カスタマーレビュー
名だたる本格ミステリの書き手があなたを仰天させる!ミステリには不可欠のラストの驚き、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選び、読者に届けます。どうぞみなさん、だまされてください。
自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)

価格:630円 新品の出品:630円 中古品の出品:11円
コレクター商品の出品:127円
カスタマーレビュー
名だたる本格ミステリの書き手があなたを仰天させる! ミステリには不可欠のラストの驚き、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選び、読者に届けます。どうぞみなさん、だまされてください。
望み

価格:1,728円 新品の出品:1,728円 中古品の出品:692円
コレクター商品の出品:3,899円
カスタマーレビュー
東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(いしかわかずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。二人は、高一の息子・規士(ただし)と中三の娘・雅(みやび)と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも……。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦し
望み (角川書店単行本)

価格:648円 新品の出品: 中古品の出品:25円
コレクター商品の出品:7,000円
カスタマーレビュー
東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登(かずと)と校正者の妻・貴代美(きよみ)。2人は、高3の息子・規士(ただし)と中1の娘・雅(みやび)と共に、家族4人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、2人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡すら途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、2人は胸騒ぎを覚える。行方不明は3人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は2人。息子は犯人なのか、それとも……。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い――。『火の粉』の不穏な空気感と『クローズド・ノート』の濃密な心理描写。両方を兼ね備え、執筆時、著者が最も悩み苦しみ抜いた
プリズム (創元推理文庫)

価格:756円 新品の出品:756円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:450円
カスタマーレビュー
小学校の女性教師が自宅で死体となって発見された。彼女の同僚が容疑者として浮かび上がり、事件は容易に解決を迎えるかと思われたが……。万華鏡の如く変化する事件の様相、幾重にも繰り返される推理の構築と崩壊。究極の推理ゲームの果てに広がる瞠目の地平とは?『慟哭』の作者が本格ミステリの極限に挑んで話題を呼んだ衝撃の問題作。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  蜷亥ョソ蜈崎ィア  繧ウ繝ウ繝斐Η繝シ繧ソ繝シ繧ー繝ゥ繝輔ぅ繝繧ッ繧ケ 蟆る摩蟄ヲ譬。  tpi  繧ソ繧、繝、 轤ケ讀  繧ソ繧、繝、 WISH 豼螳  螢ー蜆ェ 蟆る摩蟄ヲ譬。  FUCHS  豌エ譎カ縺ョ雋ゥ螢イ  讌ュ蜍咏畑鬟溷刀  譁ー逕溘ず繝」繝代Φ謚戊ウ  蝨ー繝繧ク繝√Η繝シ繝翫シ 荳ュ蜿、 繧ォ繝シ逕ィ蜩  蜷咲ーソ讌ュ閠